2017春プラハの旅 プラハ城へ その①

インペリアルホテルでの朝ごはんはホテルの中にある「Cafe Imperial(カフェ・インペリアル)」で」いただきます。
こちらのカフェはプラハのカフェの中でも人気らしく、ビジターで朝ごはんを食べに来る観光客もたくさんいましたし、夜は夜でいつも満席状態でした。
人気の理由は食事の美味しさとその美しいインテリアです。
c0067529_13561401.jpg
店内を覆いつくすタイルがとても素敵です。
c0067529_13563128.jpg
こちらの店内は2007年に改装して美しいタイルの姿を取り戻したんだそうです。
c0067529_13454791.jpg
入り口の上のタイルも素敵ですねぇ・・・。

朝ごはんはブッフェスタイルになっています。

c0067529_13461612.jpg
ベーコン、ソーセージなどの肉関係はさすがという美味しさです。
特にベーコンは我が家の嫌いな焼き過ぎのカリカリタイプでなくって程よい焼き加減で美味しかった~♪
c0067529_13554754.jpg
そして同じくとっても気に入って毎朝食べていたのがスモークサーモン。
とっても肉厚で美味しかったわぁ・・・。
初日は気がつかなかったのですが、途中でスパークリングワインがあるのに気がつきまして、最終日は朝からワインとスモークサーモンやチーズなどを楽しんでしまいました。
それほど品数は多くはいブッフェだったので5日間も同じものだと飽きるかなぁ・・と思ったのですが、とても美味しかったので結局最後まで楽しむことができました。






プラハ観光で最初に訪れたのはプラハのシンボル、プラハ城です。
プラハ城へは地下鉄A線のMalostranska(マロストランスカー)駅から歩いていくことにしました。
プラハ城の出入口は何箇所かあるのですが、駅から一番近いのは旧登城道を登ったところにある裏手にある門から入ることができます。
c0067529_13494165.jpg
プラハ城は丘の上にあるので、少々上り坂になります。
この坂を登りきると眼下に赤い屋根が特徴的なプラハの街を一望することができます。
c0067529_13472403.jpg
プラハ城の城内への入場は無料ですが門を入る前に手荷物検査がああります。そのためにかなりの行列ができていました。
平日の朝でこの行列ってことは、週末なんかはものすごい行列になるのかもしれません。

手荷物検査を終えて城内へ入ると、プラハ城の各建物を見学するためのチケットを買わなくてはいけませんが、チケット売り場は正面門の出入り口の近くにあるようでプラハ城内を横切って、聖ヴィート大聖堂の向かい側にあるインフォメーションセンターでチケットを購入しました。
チケットはA・B・C3つのコースから選べますが、あたくし達は聖ヴィート大聖堂など主要な建物を見学できるBコースを選びました。
250Kcのチケット代以外に、50Kcのカメラ撮影代を支払いました。
一応、カメラ代を払っていないと写真撮影はできないことになっていますが、実際に中に入ってみるとあまりにも人が多すぎていちいち係員もチェックしていないので、払わなくても撮影は出来るかも・・・。ま、おススメはしませんが。

最初に見学したのはプラハ城の中でも最も有名な聖ヴィート大聖堂です。
正面の入り口を入ると目の前にどどーんとそびえたっています。

c0067529_13495308.jpg
あまりに大きすぎて、カメラでのそ全景をとらえることができません。
c0067529_15080307.jpg
第3の中庭から建物の側面を撮影してもやっぱり先っぽが欠けてしまって映らない~。

聖ヴィート大聖堂は奥行き124m、幅60m、塔の高さ99mというとても大きな教会で完成までに約600年かかっています。
そのために、何人もの建築家の手にかかって設計されています。
c0067529_13531051.jpg

大聖堂の中に入って最初に目が行くのは、壁一面にはめこまれたステンドグラスの数々です。
c0067529_13524126.jpg
その中でも最も有名なのがミュシャが手がけたステンドグラスです。
c0067529_13502541.jpg
他のステンドグラスと見比べて見てもミュシャのステンドグラスだけ、明らかにテイストが異なり、そしてやはり美しい!!
c0067529_13525276.jpg
イエスキリストともミュシャが手がけるとなんかイケメンになっております。
c0067529_13503783.jpg
チェコの民族衣装をまとった女性も美しい。
c0067529_13551776.jpg
真ん中でお祈りをする少年はチェコの守護聖人の聖ヴァーツラフの少年時代なのですが、その真っ直ぐな瞳にひきこまれそうになります。
全体的にブルー系と深いグリーン系の色調でまとめられていて、さすがミュシャといった感じのあるステンドグラスです。
c0067529_13523057.jpg
もちろん、聖ヴィート大聖堂の見所はミュシャのステンドグラス以外にもあります。
こちらはバラの窓と呼ばれるステンドグラスですが、残念ながら改修中でした。
c0067529_13544699.jpg
こちらはヤン・ネポムツキーの銀の墓碑です。
ヤン・ネポムツキーはボヘミアの守護聖人で頭上に5つの星が輝いています。
プラハではこの大聖堂以外でも見ることができますが、日本人にとってはどうもこの星がタケコプターに見えるらしいです。
c0067529_13550267.jpg
確かにタケコプターだ!!(笑)
c0067529_13520314.jpg
天井はヴォールトと呼ばれる様式になっていて、少ない柱で支えているので広々とした空間を確保できるそうです。
アーチ状の細い梁は見た目にもとっても美しいです。

聖ヴィート大聖堂だけでも見所満載ですが、プラハ城にはまだまだ見る場所があります。
つつきは次回に・・。


by tiki-tiki2005 | 2017-04-19 15:53 | *2017 春 プラハ | Comments(0)

バンコクで2度目の海外駐在生活がスタートしました


by tiki-tiki2005