2017春プラハの旅 ジシュコフのテレビ塔と黒いベイビーズ

先日、火薬塔から見たプラハの景色の中に中世の町並みにそぐわない一風変わった高い塔が見えました。
プラハの中心部から地下鉄で10分ほどの場所にあるテレビ塔です。
そのテレビ塔にくっついていた妙な物体を確認しに見に行ってきました。
最寄駅はの地下鉄A線のJiriho z Podebrad(イジーホ・ス・ポディブラド)駅になります。

プラハの地下鉄は1回券、1日券、3日券などがありトラム、バス、ケーブルカーにも使えます。
1回券も日本のように区間で購入するのではなく時間での購入になり30分以内であれば乗り換えが自由にできるようです。

プラハ地下鉄は駅名表示がとってもカッコ良かった。
c0067529_19413951.jpg
こちらはチョコレートブラウンを基調とした色合いになってます。
c0067529_19420420.jpg
こちらがグリーン系でまとめられていてかっこいい~。
香港の地下鉄のホームの駅名表示もかっこよかったけど、プラハもなかなかのものですねぇ。
日本も少しは見習って欲しいものだわ。
c0067529_19422566.jpg
こちらは地下鉄のホームにつながるエスカレーター。
かなり深いところを走っている駅が多かったです。


Jiriho z Podebrad駅の周辺はプラハの中心部とは少し雰囲気が異なっていて住宅街の雰囲気です。
c0067529_19423809.jpg
駅前は広場になっていて桜のような木がちょうど満開を迎えていました。
c0067529_19425796.jpg
こちらの駅前でもイースターのお祭りをやっていて色んなマーケットが出店していて、バンド演奏などもされていてなかなか賑やかな雰囲気です。


c0067529_19430681.jpg
駅からテレビ塔へは5分も歩けば到着です。
火薬塔から見たときにはよく解らなかった黒い物体の正体が判別できるようになりました。
c0067529_19431747.jpg
皆さんもお判りでしょうか?
そこにはハイハイをする黒いあかちゃんがくっついているのです。
c0067529_19432733.jpg
ここにも。
c0067529_19435714.jpg
あそこにも。
c0067529_19434817.jpg
お尻を向けてハイハイしてる子もいます。
この赤ちゃん、なんとも不気味なことにみんな顔が無いんですよねぇ~。

c0067529_19433905.jpg
この赤ちゃんの像は、先日アップした逆さ馬の像と同じダヴィッド・チェルニー氏の作品です。
テレビ塔に全部で10体の赤ちゃんがハイハイしています。
このテレビ塔は社会主義時代に建てられたのですが、建設当初から街の景観を損ねるということで不評でした。社会主義政権が倒れた時についでにテレビ塔も壊してしまえという案も出ていたらしいのですが、電波塔の役割をしているので簡単に壊すこともできなくてリニューアルすることになりました。
その時にチェルニー氏がこの赤ちゃん像を設置したんだそうです。
が、当初の街の景観を損ねているという視点から見るとリニューアルの意味がなかったような気もするのですが(笑)

テレビ塔は上に展望台があって登ることができます。
c0067529_19442196.jpg
展望台には外観の雰囲気に良く合うちょっと無機質な感じの椅子がぶら下がっています。
なかなか座り心地の良い椅子でしたよ。
c0067529_19443393.jpg
展望台から眺める景色は、やはり赤い屋根が特徴的なプラハらしい町並みが広がっています。
確かにねぇ、こうやって比べてみるとテレビ塔だけ浮いてるよねぇ(笑)

ちなみにチェルニー氏の作品はプラハの街中の色んな場所で見ることができて、そのどれもが奇抜な作品です。
興味のある方は1度ググって見てください。どれもこれも本当に妙な作品ばかりです。
彼の作品を訪ね歩く旅というのも、なかなかマニアな感じでよろしいのではないでしょうか。









by tiki-tiki2005 | 2017-05-08 16:04 | *2017 春 プラハ | Comments(0)

バンコクで2度目の海外駐在生活がスタートしました


by tiki-tiki2005