2017夏 スリランカの旅 ピンナワラのゾウの孤児院

最終日はホテルからコロンボに直行するつもりだったのですが、前日のミンネリアであまりゾウがたくさん見られなかったのが心残りで、急遽ピンナワラのゾウの孤児院によってもらうことにしました。
予定外のルートだったのですが、エクストラチャージを支払うことで了承してくれました。
ピンナワラのゾウの孤児院はキャンディから西に30キロほどの場所にあります。
ジャングルで親をなくしたりした子ゾウや病気になったゾウを100頭ほど保護している施設です。


ピンナワラのゾウの孤児院では9:15と13:15の1日2回、子ゾウにミルクをあげる様子を見ることができます。
c0067529_17443574.jpg
2頭の子ゾウが連れられてきて、飼育員の女性が持つ巨大な哺乳瓶からミルクををもらっています。
c0067529_17453092.jpg
飲むというよりは、流し込むという感じです。
c0067529_17451884.jpg
1リットルくらい入った哺乳瓶をものの数秒で飲み干します。
たぶん、1頭で少なくとも30リットルは飲んでたような気がします。
c0067529_17453915.jpg
子ゾウとはいえ、やはり大食いですねぇ~。

そうそう、このフィーディングエリアでスリランカの小学生に囲まれたのですが、この子供達がすっごい可愛かった~~!!!
英語を覚えている最中なのか「ワッチュア ネーム??」って口々に聞いてくるんだけど、みんな目がキラキラしてて眩しかった・・・。
こちらが何か聞き返すとキャ~っと顔を手で隠して照れているのがまた可愛らしい。
とても純粋な笑顔で、見ているこちらも自然と顔がほころんできてしまいました。









さて、子ゾウのミルクタイムも終わったので、あたくし達人間もお昼ご飯を食べるとしましょうか。
c0067529_17463780.jpg
ピンナワラのゾウたちが水浴びをしに集まる川がすぐ近くにあります。
ゾウの水浴びする様子を眺めながら、食事ができるレストランが2箇所ありました。
その1軒に入って、水浴びしに集まるゾウを待ちながらランチタイムです。
c0067529_17464748.jpg
まずはビールでかんぱ~い。
c0067529_17465666.jpg
ハンバーガーはちょっとしょっぱかったけど、肉々しくて食べ応えが十分です。

しばらく待ってるとウ~ウ~とサイレンのような音がして、水浴びしに来たゾウの行進が見られます。
c0067529_17471911.jpg
最初は2~3頭ずつのグループで集まり始めました。
c0067529_17472820.jpg
順々に川の中に入っていって水浴びをし始めました。
c0067529_17475065.jpg
飼育員さんに水をかけられて楽しそう~。
c0067529_17475973.jpg
ずーっと水の中につかりっぱなしのゾウも数頭いました。

c0067529_17481114.jpg
しばらくすると、ゾウの大集団が!
ドヤドヤと水の中に入っていきます。


c0067529_17483659.jpg
うわ~、たくさんのゾウ!!
c0067529_17484716.jpg
ミンネリアのような野生のゾウではないですが、やっぱりこれだけたくさんのゾウを一気に見られるのは迫力がありますね~。
c0067529_17491803.jpg
自然の中で気持ち良さそうに水浴びをするゾウさん、ここで生活できて幸せだと感じていてくれているといいなぁ。

c0067529_17461654.jpg
水浴びを終えたゾウたちは、元来た道を戻って帰って行きます。
c0067529_17462781.jpg
土産もの屋が並ぶ通路をのしのしと歩いて買えるゾウさんたちの群れはなかなかシュールでした。

ミンネリアでのモヤモヤ感も、ここピンナワラのゾウさんたちのおかげですっきりしました。
来て良かった!!


by tiki-tiki2005 | 2017-08-02 12:32 | *2017 夏 スリランカ | Comments(0)

バンコクで2度目の海外駐在生活がスタートしました


by tiki-tiki2005