フォトグラファーTOKOさんと行くバンコクヤイ運河②

アーティストハウスのすぐ裏手には小さなお寺がありました。
ここもフォトジェニックなスポットがたくさんありました。
光と影が織りなす美しさをちょっと心に留めながら写真を撮ってみました。
c0067529_16145159.jpg
c0067529_16140842.jpg
c0067529_16122414.jpg
c0067529_16105503.jpg
c0067529_16121299.jpg
c0067529_16113785.jpg
c0067529_16111122.jpg
c0067529_16104255.jpg
c0067529_16143785.jpg
c0067529_16142125.jpg





ワークショップの後半は運河をボートに乗りながら移動します。
その前にちょっと腹ごしらえ・・・
c0067529_16393352.jpg
c0067529_16373347.jpg
c0067529_16375991.jpg
c0067529_16381453.jpg
長い間改修工事中だったワットポーが、いつの間にか工事終了していました。
なんかちょっと白々しいほど白くって興ざめ・・・。
実際、タイ人にはこの白さは不人気なんだとか。
c0067529_16382504.jpg


c0067529_16385236.jpg
c0067529_15333227.jpg
c0067529_16392125.jpg
c0067529_16374591.jpg
c0067529_16394298.jpg
ワークショップの最後には参加者が今回撮影した写真の中からそれぞれ「これは!」という作品を5枚選んで、それを全員の前で講評します。
その5枚を選ぶのがとても難しかったです・・・。
結局、半分以上をTOKOさんが写真を見ながら「これがいいんじゃない?」なんて感じで選んでもらっちゃいました。
でも、とても新鮮だったのは自分では全然気にもとめなかった写真を「いいよ」といわれたことです。
そのほとんどが人物が写っている写真でした。
今まであまり人物の撮影って興味がなかったんだけど、今回はあえて撮影するように心がけました。
その結果、思いもよらないいい写真が撮れたりしてとても新鮮な発見でした。
タイ人は写真を撮影されることに特に拒否感はないようで、みなさんレンズを向けても笑顔をかえしてくれて撮影しやすかったです。
ただしこれは国民性もあると思うので、とこの国でも通用するとは限らないですけどね。
でも、今回のワークスショップでそこで生活する人たちの写真にちょっと興味が沸いてきたので、これからの旅行での写真にはそこのあたりにもスポットを当てて撮っていきたいなぁと思います。
一日中歩き回って疲れ果てたけど、とても楽しい意味のある一日でした。
TOKOさん、ありがとうございました。




by tiki-tiki2005 | 2017-09-06 12:20 | * 生活 | Comments(0)

バンコクで2度目の海外駐在生活がスタートしました


by tiki-tiki2005