WaWaWaな日々

ベトナムに来てから、大勢の駐在員マダムと知り合いになりました。
ホーチミンが初めての駐在という人もいますが、ここが2ヶ国目、3ヶ国目・・・という人も大勢います。
定番は、バンコク組。
やっぱり東南アジア最大の都市だし、経済の中心でもあるのでしょうね。
日本人の駐在の人数もホーチミンとは比べ物にならないくらい多く、生活もしやすいらしく、バンコクから来た人の中には「バンコクに帰りたい~」なんて言ってる方も多くいます。
それから、個人的にとっても羨ましいのが、パリや香港での駐在組。
パリでの駐在生活なんて、想像しただけでも華やかで羨ましい~って思っちゃうんだけど、ご本人曰く「物価が高くて大変だった」とのことです。
そして、中にはハンガリーやコスタリカなど少し馴染みの薄い国に駐在していた方もいます。
そういう国って、仕事関係で無い限り旅行では行かない可能性が大なので、ちょっと羨ましいなぁとも思います。でもコスタリカに住んでいた人は周りには一人も日本人がいなくて、もちろん日本の食材も売ってなかったし大変だったよーなんて言ってました。実際に住んでいる人たちは、ただ単純に羨ましいだけでは片付けられない色々な苦労があるのでしょうね。

さて、1年を経過した我が家のホーチミンでの食生活は少しずつ変化を来たしています。
最初の頃はしばしば通っていたベトナム料理のお店も最近はすっかりとご無沙汰してしまって、和食を食べる機会がグっと増えました。
外食する回数も減って、なるべく日本で食べていたのと同じような、いや、それ以上に「和」な食卓の日もあったりもします。
やっぱり、この年齢になると食べなれた食事が一番落ち着くのよねぇ。
海外で生活するなら、若いうちに行っとけっっ・・・って切に思うこのごろです。

そんなことを考えているある日の食卓。
c0067529_21352241.jpg

エビと里芋とおくらの煮物、わかめとキュウリの酢の物、トマトの和風サラダ。
おくらと里芋は割りと普通にスーパーや市場で手に入ります。
キュウリは、ベトナムで見かけるキュウリはツルンとした皮の太めのものが殆どで、どちらかというと瓜っぽい感じであんまり美味しくない。この日は、初めて日本のイボイボキュウリの近いものを発見して、嬉しくなって酢の物に。
トマトは硬くて酸味のあるものが殆どだけど、この時期は比較的甘いトマトにも出会えます。
この日は、桃太郎トマトに近い感じのトマトが手に入ったので、こちらもサッパリと酢醤油でサラダ仕立てに。
c0067529_2140040.jpg

メインは鶏肉のネギ塩のっけ。
皮をパリっと焼き上げて、ごま油風味のネギ塩を乗っけていただきます。
ネギLoveのあたくしなので、白ネギの手に入らない国で生活するのはけっこう悲しいかも~。
ベトナムでは、日本のほど美味しくはないけれども、日本の白ネギが手に入ります。
ハンガリーとかコスタリカだったらリークは手に入るかもしれないけど、白ネギは無理っぽいもんなぁ。
やっぱりベトナムでヨカッタのかも。



c0067529_2146227.jpg

最近、一番お気に入りの果物はマンゴスチン。
冷蔵庫でよーく冷やしていただくと、上品な甘さがとっても美味!
ちょっと皮が硬くて剥くのが大変だけれども、中からこの白い果肉が表れると、ムフって思っちゃいます。
今が一番マンゴスチンの美味しい季節らしいので、これからしばらくブームが続きそう~^^
Commented by y_flugels at 2011-06-30 23:22
マンゴスチンはそちらが本場ですものね~堪能してくださいね

コスタリカ・・・確かに行ってみたい国かもしれません。
Commented by tiki-tiki2005 at 2011-07-01 20:03
flugelsさま>
昨年はそれほど美味しいと思わなかったんだけど、今年はなぜか美味しく感じます。

コスタリカもハンガリーも、聞いていると興味が沸くけど、きっと仕事絡みとかじゃないと、行かないですよね^^;
by tiki-tiki2005 | 2011-06-28 21:55 | *和食 | Comments(2)

バンコクで2度目の海外駐在生活がスタートしました


by tiki-tiki2005