2017春プラハの旅 火薬塔から眺めるプラハの街

昨夜晩ご飯を食べた市民会館の隣にある火薬塔は、塔の上に登ることができます。
c0067529_13320878.jpg
この火薬塔はかつて旧市街を守っていた城壁の門のひとつです。17世紀に火薬倉庫として利用されていました。

c0067529_13571440.jpg
展望台にむかう途中にあるフロアのステンドグラスも綺麗です。
c0067529_13322724.jpg
ステンドグラスを通して撮影したプラハの街。
むこうに見えるのは旧市街広場にあるティーン教会です。
このステンドグラス越しのカメラ撮影がけっこう面白くって撮影しまくってたら、係員のおじさんが「ここが終わりじゃなくて、上にもっと景色のいい場所があるんだよ」と言ってきました。
きっとこの観光客はここが一番高い場所だと思ってるんだ・・・と思って、教えてくれたんでしょうね、ありがとうございます(笑)
c0067529_13332010.jpg
そしてこちらがその一番上の展望台から見えるプラハの街並です。
赤い屋根が特徴的なプラハの街は本当に綺麗ですよねぇ・・・。
遠くにはプラハ城も眺めることができます。
c0067529_13324012.jpg
反対側に見える妙な建物はプラハのテレビ塔です。
こちらのテレビ塔、柱に妙な黒い物体がついているのが解りますでしょうか?
プラハでも賛否両論があるこの変なテレビ塔はまた別の日に行ってきたので、詳細はその時までのお楽しみに。















さて、チェコ国内では世界でも他にない建築様式を見ることができます。
それはキュビズム様式と言われる建築物です。
キュビズムとは20世紀初頭にピカソらによって創始された現代美術の動向です。色々な角度から見た物の形を1つの画面に納める手法で「アヴィニョンの娘たち」や「泣く女」などはその代表作となります。
ただ、この絵画で生まれたキュビズムが建築様式に発展したのはチェコ国内だけなのです。
チェコ建築界の重鎮であるヤン・コチェラを中心に次々にキュビズム様式の建築物を建てていきました。
その代表的な建物物の1つがプラハの観光名所の真ん中にある黒い聖母の家です。
c0067529_13333065.jpg
キュビズム建築の特徴は、解りやすく言うと「カクカクとした切子のようなデザイン」なんだそうです。
言われてみれば確かにこちらの建物もカクカクとしていて、他の建物とはちょっと違った雰囲気を醸し出しています。
c0067529_13333994.jpg
この建物の名前の由来は、建物の角に金色の衣装を身にまとった黒い聖母像があることからです。

この建物の内部もキュビズム様式になっています。
c0067529_13334938.jpg
中の階段もキュビズム様式です。
c0067529_13335816.jpg
そして2階にあるカフェ「オリエント」も内装はキュビズム様式です。
とてもスタイリッシュでおしゃれな空間でした。
ここのカフェでお茶をしたかったのですが、テーブルは空いているものの、いつまでたってもお店の人が席に案内してくれなくって諦めました・・・。
今回の旅行中、似たような接客は何度かありました。
日本であれば、お店が満席で店員さんが忙しそうでも「少々お待ちください」の一言くらいはかけてくれるのが一般的ですが、チェコではそれは皆無でした。「とりあえず今は他のことをやってるから、こっちから声をかけるまで待っとけ」的な接客がほとんどでしたね。
最初はちょっと感じ悪いなぁ・・って思ったけど、だんだんと「まぁ、これがチェコ的な接客なんだな」と解ってくるにつれてあまり気にならなくなりました。(それでもこのカフェの店員さんの無視の仕方がちょっとひどかったけど、他に待ってる数組の西洋人にも同じ態度だったので人種差別とかではないとは思いますが
c0067529_13340517.jpg
こちらは、同じ建物の1階にあるキュビズム様式を取り入れた食器や雑貨を扱ってい「kubista( クビスタ)」というお店に飾ってあったもの。
なかなか素敵なデザインでしたが、お値段もなかなかのものだったので購入は見送りということに・・・。

昨日夕方に訪れた旧市街広場も昼間に来るとまったく違った雰囲気でした。
c0067529_13344151.jpg
ちょうど旅行の時期がイースターのお祭りと重なっていたため、広場もイースターの飾りつけで賑わっています。
c0067529_13343280.jpg
この出店も、もしかしたらイースターの時期だから出ているのかもしれませんね。

c0067529_13342328.jpg
こちらはチェコ人の誇り「ヤン・フス像」でう。
15世紀のチェコにおける宗教改革の先駆者なのですが、カトリック教会からは異端扱いされて火あぶりの刑に処せられたんだそうです。
c0067529_13341426.jpg
なんだか日本の七夕みたいな飾りつけですよね~。
短冊じゃなくって、卵がぶら下がっているのが七夕とは全然違いますが。
そういえば、ホテルの朝ごはんも2日目からはイースター仕様になっていて、ゆで卵が赤や緑や青のカラフルな色になっていて食べる気を少々失いました(笑)

c0067529_13345234.jpg
広場全体にワクワクした雰囲気が漂っていて、イースターには馴染みのないあたくし達も一緒になって楽しむことができました♪


































by tiki-tiki2005 | 2017-05-02 13:30 | *2017 春 プラハ | Comments(0)

バンコクで2度目の海外駐在生活がスタートしました


by tiki-tiki2005