「Casa Teo」@プラカノンでスパニッシュナイト

プラカノンのWディストリクト内にあるスペインバル、「Casa Teo」に行ってきました。
Wディストリクトの中にあるネイルに通っているのですが、いつもお店の前を通る度に気になっていたのです。
c0067529_18403358.jpg
週末だったので、念のため予約して行ったのですが正解でした。
小さいお店なのですが店内は満席。予約なしの人は外のテーブルに案内されてました。
c0067529_18391601.jpg
メニューの種類はそれほど多くないのですが、どれも比較的リーズナブルで美味しそう~。








c0067529_18394899.jpg
まずはCAVAとオイスターをいただきました。
よーく冷えたCAVAと潮の風味が効いたオイスターの組み合わせは最高!
c0067529_18395715.jpg
ハモン入りのコロッケ。
1個1個がけっこう大きくて、そしてハモンも大きめで存在感のある塊が入っていて美味しい!
c0067529_18400514.jpg
そしてハモンイベリコ!!!
50gで620バーツと決してお安くはないですが、やっぱりバルに来たらこれを食べずには帰れません。
バンコクのスペインバルは何軒か行って、その度にハモンイベリコをいただいていますが、こちらのお店でいただいたハモンイベリコが一番状態が良くって美味しかったです。
オリーブやバゲットが添えられていて、こういうちょっとした事が嬉しいですね。
c0067529_18401334.jpg
ワインはリオハの赤。
ワインの種類もかなり豊富に揃っていて、1本1300バーツほどからありました。
c0067529_18402258.jpg
こちらはアンギラスのアヒージョ。
アンギラスはうなぎの稚魚でスペイン料理ではメジャーな食材ですが高級食材で、日本やバンコクのスペイン料理店でもどこでもメニューにあるわけではなく、あってもけっこうお高いことが多いので、今まで食べたことがありませんでした。
こちらのお店では280バーツと、なんだかリーズナブル。本物なのか?
なんせ初めて食べるので本物だか偽物だか解りませんが、けっこう歯ごたえがあるんだなぁという感想です。
味そのものというよりは、食感が面白かったです。

c0067529_18392300.jpg
お店の中の壁はスペイン産のワインで埋め尽くされています。
とにかくすごい種類です!

店員さんの数も少なく厨房もフル稼働なのか、お料理が出てくるまで少し時間がかかりましたが、とにかくフロア担当の男性の接客がと~っても感じが良くって居心地がよかったです。
食事も美味しいし雰囲気も抜群だし、今までバンコクで行ったスペインバルの中では、今のところ一番です!

by tiki-tiki2005 | 2018-03-05 12:38 | * 外食 | Comments(0)

バンコクで2度目の海外駐在生活がスタートしました


by tiki-tiki2005