色んなお米料理が楽しめる「ARROZ」@スクンビットsoi53

我が家の外食で一番多いのは和食ですが、その次に多いのがスペイン料理です。
バンコクには美味しくってリーズナブルなスペイン料理のお店がたくさんあるので、スペイン好きの我が家には嬉しい限りです。
今回行ってきたスペイン料理のお店は、ソイ53にある一軒屋レストラン「ARROZ」です。
「ARROZ」とはスペイン語でお米の意味です。どんなお米料理がいただけるのか楽しみですね♪

c0067529_20110493.jpg
まずはセルベッサでかんぱ~い。made in SPAINのビールですが、コクとキレがあって美味しい~。
c0067529_20111409.jpg
サービスで出てきた前菜。ブルーチーズがのってて美味しかった。

c0067529_20112298.jpg
いつもはハモンイベリコをオーダーするのですが、今回はイベリコ豚のチョリソを頼んでみました。
ビールにはこっちのほうが合うかも。








c0067529_20112998.jpg
トリュフ入りコロッケ。
トリュフの風味がかぐわしい~。
c0067529_20114768.jpg
カラマリフライ。
メニューにあったら絶対にオーダーしてしまう一品。
そして、このしし唐の素揚げもスペイン料理によくあるのですが、大好きな一品です。

c0067529_20122051.jpg
そして、今回オーダーしたお米料理は王道のパエリアではなくってmelosoというスペイン版リゾットといったところでしょうか。
イカ墨とアンコウのメロソをいただきました。
アンコウはスペイン料理では割とよく食べられる食材ですが、まさかバンコクでアンコウを使ったスペイン料理に出会えるとは思わなかった!
しかし、このアンコウはあたくしの知っているアンコウとは別物でした。
生じゃなくって干したものを戻しているのかもしれません。
でも、お料理自体のお味は美味しかったです♪

c0067529_20122854.jpg
ハモンイベリコを頼む代わりに、今回はイベリコ豚のローストをオーダーしました。
お肉の旨みがぎゅっと詰まってて美味しかった~~!!!
下の緑色の粒々は押し麦みたいな食感で、ちょっと苦味のある味付け(ルッコラだったかな?)でこちらも初めての味で新鮮でした。

ファランがオーナーのお店って、オーナーが各テーブルを廻って挨拶をして小粋な会話(?)をする・・・みたいなのがあって、それがけっこうプレッシャーで苦手なのですが、こちらのお店のオーナーはそういう押し付けがましいところも全然ないですが、気配りはしっかりとしてくれて、とっても居心地がよかったです。
c0067529_20123613.jpg
食事も美味しかったしお値段も良心的だし、またお邪魔したいお店です!

by tiki-tiki2005 | 2018-05-23 12:10 | * 外食 | Comments(0)

バンコクで2度目の海外駐在生活がスタートしました


by tiki-tiki2005